パパ活で生活が継続できるってどんな内容

HOME » 出会いを求めるには » パパ活で生活が継続できるってどんな内容
◆人気ランキング◆
第1位:ソフトサービス系
ソフトサービス系で体験された女性の声を参考にして頂いて少しでも興味がありましたら詳細をクリックして下さい。
詳細はこちら
第2位:パーティーサークル系
パーティーサークル系で体験された女性の声を参考にして頂いて少しでも興味がありましたら詳細をクリックして下さい。
詳細はこちら
第3位:ヘルスサービス系
ヘルスサービス系で体験された女性の声を参考にして頂いて少しでも興味がありましたら詳細をクリックして下さい。
詳細はこちら
第4位:出会い系
出会い系で体験された女性の声を参考にして頂いて少しでも興味がありましたら詳細をクリックして下さい。
詳細はこちら
第5位:アフター系
アフター系で体験された女性の声を参考にして頂いて少しでも興味がありましたら詳細をクリックして下さい。
詳細はこちら

パパ活で生活が継続できるってどんな内容

・パパ活で生活を継続する人とは

パパ活で生活を継続する為には、定期的にパパと会う必要があります。

生活費がいくら必要か考えると、現在の正社員の一般的な収入を考慮すれば15万~30万円の間の収入があれば良い事になりますが、それだけの収入を得る事が出来ない仕事も、今の日本では多いです。

その為、パパ活を継続して行い、生活費の補充を継続して行う事になります。

特にコロナ禍でのまん延防止法中は飲食店や夜間の経済活動が制限されており、仕事の機会そのものが奪われてしまった人もいました。

生活費が不足している女性がパパ活をしています。

・パパ活の敷居は低め

パパ活専用のアプリは2017年から公開され、登録者数もどんどん増えています。

都市部を中心に使われており、パパ活は敷居の低い援助活動になりました。

2022年には登録者数100万人を超えており、認知度はさらにアップしていますね。

(参考サイト paters(ペイターズ) 公式Webサイト)

パパ活とは元々は交際クラブなどかなり収入の多い男性が若い女性を支援する活動だったのですが、今は支援する金額も食事で5000円から1万円近辺と相場も落ち着いてきている影響もあり、パパをする男性の敷居も下がってきています。

結果、パパ活を女性もしやすくなり、パパ活市場は賑わいをみせる結果となりました。

一度で得る事が出来る金額は低下傾向になっていますが、仕事と割り切り多数とパパ活をする女性と、定期的に安心出来るパパと会う女性に分かれています。

仕事で疲れている状態でさらに疲れる事はしたくないものですし、同じ人にする事で負担感を減らしているようです。

・パパ活の最終的な目的

パパ活は副業でやっている人が大半ですが、専業でパパ活を行っている人もいます。

パパ活の年齢層は10代から20代が大半であり、30代以降はパパ活を行う女性はかなり減っていきます。

パパ活を行う動機は生活費の補充など金銭目的が大半なのですが、婚活目的でパパ活を行う女性もいます。

報酬を多くもらう事が出来る人の事を太パパと言いますが、その位金銭的余裕のある男性と交際、結婚をする事が出来れば、そのまま専業主婦もしくは出来る範囲の仕事をするだけで生活をする事が出来るようになります。

余裕のあるパパの場合、魅力を感じる女性には一度のデートで数万円以上を渡す人もおり、月に数回会う事が出来れば生活は保持出来ます。

その為、婚活と割り切ってパパ活をしている人もいますね。

確かに女性は妊娠出産という負担がある関係上、キャリアに穴も出来やすい為まだ家庭に入るイメージを持っている人もいます。

そういった人がパパ活で婚活をしています。